tel 0536-22-0139
カメラマン紹介

カメラマン紹介 カメラマン紹介 浅野写真館のカメラマンをご紹介。スクールフォトでも
お馴染みの新城の名物カメラマンが笑顔を引き出します。

カメラマンプロフィール

浅野 尚崇
浅野 尚崇
Naotaka Asano
愛知県新城市出身。
新城東高校を卒業後、大阪芸術大学芸術学部写真学科へ進学。大学卒業後、岐阜の老舗写真館 瀬古写真株式会社にて5年間研修 瀬古安明に師事。スクール撮影・スタジオ撮影・ブライダル撮影を経験。たくさんの人との出会い から、人間味も磨く。平成25年、株式会社浅野写真館にて仕事を始める。平成27年から、若手写真館経営者団体PGCにて写真の学びにさらに励む。技術はもちろん、“こころ”を伝える人間力をさらに磨き、浅野写真館一丸となってさらなるおもてなしを心がけている。

受賞歴

平成28年
営業写真館協会 卒業アルバムコンテスト
シナリオ部門 優秀賞
平成30年
営業写真館協会 卒業アルバムコンテスト
肖像部門 優秀賞
平成31年
愛知県写真館協会 スタジオフォトコンテスト
優秀賞

活動歴

東海PGC 『人間力』Mental Build Labo リーダー
東海PGC Enjoy Photo Works 委員長
新城市消防団 新城分団代一班 班長
新城市教育委員会 女性部 写真講座 講師
撮影にかける想い 撮影にかける想い

撮影にかける想い

写真は、大切な思い出の時間に連れて行ってくれるタイムマシン。

記念写真のスタートは夫婦2人で。やがて、おなかの中に新たな命が宿り、
誕生すればすっかり家族のできあがり。
年月が経てば、新たに弟妹を家族に迎え入れることや、
成長の途中で「今さら家族写真なんて…」と照れ臭くなる時期もあるかもしれません。

家族写真 家族写真 家族写真

家族というものは、たくさんの思い出と一人ひとりの想いがぎっしり詰まってできていて、
1つとして全く同じものなどありません。
自分の家族を写真に写しこんでみると、普段とは少し違った目と心で家族と向き合うことができます。
節目に残す記念写真ももちろん素敵ですが、
肩肘はらないありのままの家族写真を残すこともきっと、家族の宝物になります。

苦楽のある人生の中で、写真は今までの変化を振り返って、
いつでも「あの時」に帰れる特別な存在。
これからも、皆様の素晴らしい人生の1ページを残していくお手伝いができれば幸いです。

© 浅野写真館 All Rights Reserve